情報提供・学びの場・相談窓口・ネットワーク

発足の経緯と目的

高度成長期に整備された公共施設等が一斉に耐用年数を超え、 今後、膨大な数の更新作業が必要となってまいりますが、 国・地方ともに財政状況が厳しいため、民間企業の経営ノウハウや 技術力、資金を取り入れるPPPの活用が求められています。 しかし、PPPは従来の公共施設整備と比べ、非常に専門性が 高く、九州などの地方においては、発注者側の行政、受注者側 の民間企業の双方に事業実施に係る知識やノウハウが不足して います。
そこで、九州PPPセンターは、九州・福岡におけるPPPの専門 拠点として、地域のPPP事業を民間企業と行政の両面からご支援してまいります。

PPPとは?

Public Private Partnershipの頭文字で、これまで公的セクターが提供してきた 公共施設整備などの公共サービスに、民間の資金・技術・経営ノウハウを 取り入れることを指します。代表的な手法にPFIがあります。

九州PPPセンターの概要

九州PPPセンター

民間企業のみなさま

PFI/PPP事業参画のために必要な知識・ノウハウの習得をお手伝いし、公共市場への参入を支援いたします。

官公庁のみなさまへ

PFI/PPPの推進のために、各プロジェクトの企画・構想の段階から、意思決定、計画策定、事業者の選定、事業実施に至るトータルの事業実現をご支援いたします。

PPPの事例

福岡市中央児童会館等建替え整備事業(定期借地・賃借入居方式)

児童会館、NPO・ボランティアセンター及び民間施設を備えた複合施設を民間事業者が整備するもの。商業活動が活発な地域に立地することもあり、民間事業者 が公共施設と合わせて民間施設を企画、誘致することで 地域経済の活性化を図る。

施設外観イメージ図(予定)【出典】福岡市HP

指宿地域交流施設整備等事業(PFI方式)

地域交流施設の設計・建設・維持管理及び運営、道の駅と都市公園の維持管理を民間事業者が行う。地域交流施設では、特産品などの委託販売や、民間事業者の自主運営事業のコーナーが設置されており、地域の賑わい創出に貢献している。

施設外観 【出典】国土交通省HP

  • 九州PPPセンターのアニュアルレポートはこちら
  • 特典いろいろ!会員様募集中!

九州PPPセンターとは

九州PPPセンターは、産学連携機構九州に設置された地域密着型のPPP/PFI推進拠点です。

産学連携機構九州HP

お問い合わせ

ご質問・ご相談は、下記の電話番号または問い合わせフォームにて受付しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

092-834-2388

産学連携機構九州内。
九州PPPセンター担当とご指名下さい

受付時間平日9:30〜17:30

FAX092-834-2389

お問い合わせフォーム